CBDで心も身体も劇的に変化して生まれ変わる。

 

CBDを知らずアルコール漬けの毎日



1年前まで僕は会社から帰宅後、晩御飯を食べ終わったら、アルコールタイムの始まりでした。
ウイスキー200ml程度を水割りで飲みながらスナック菓子食べながら酔っ払って寝る。その繰り返しです。

なぜウイスキーなのかというと、コスパがいいからです。
いまはストロング系が幅を利かせて、たぶんこっちの方がコスパがいいですね。
割り物は常温の水のみで、炭酸水や氷もいれません。
冷たくなくても、おいしくなくても、そんなの関係あらへん!
酔えればいい。そんな感じです。

ウイスキーも大体700mlが多いので、3、4日で一ビン空くといった感じです。
一時期は2日に一ビンといったペースだったのですが次の日の昼頃までお酒が残っているような状態の日もあったので、さすがにまずいなとセーブしてそれだけの量を飲んでました。

お酒とたばこは体に悪いから控えるようにと毎年会社の健康診断で口すっぱく医師に言われてたので、ひと月に2,3日は休肝日をなんとか作っていました。
大体休肝日の2,3日というのは前日に飲みすぎて嘔吐を繰り返した翌日です。
とうてい休肝日とは言えないけど、お酒を飲まない日です。


嘔吐するときの嗚咽で寿命が少し縮むと聞いたことがあります。
僕は嘔吐するたびにそれが本当だとおもいます。
便器を抱えて吐いているときは、畜生!お酒やめようかなって結構思います。

…それでも翌日には、飲むぞー!って感じで晩酌タイムです。

40歳近いころから飲んでる最後の方の記憶が無く、「どうやって帰ってきたのか覚えていない」といった状態も多々ありました。
笑って話してるけど本人的には結構怖いです。

外で飲むときは違う楽しみがあります。
さんざん飲んで、最後は締めのラーメンです。
飲んだ後は生姜ラーメンとかあっさりラーメンを食べる人もいますが、僕は真逆で背油たっぷりのギトギトの濃厚ラーメンが好きです。(これは今でも)

そんな不摂生な日々を繰り返して20年位で体重は20㎏増えました。

ちょっとまずいかな?
と思いながらもそれでも酒をやめるなんて考えたことはありませんでした。

お酒から離れるのは到底無理でした。

酔っ払っていやなことを忘れて、心や精神的にはストレス発散になりますよね。
現実逃避ってやつですね。
翌朝には現実に引き戻されて、昨日と何も変わらない嫌な仕事をこなして夜にはまたお酒で逃避する。
その繰り返しが習慣になってどんどんお酒に依存していきました。
「いいじゃん、飲んだらストレス解消になるんだから」と思ってました。

でも身体はそうはいかないんですよね。

その頃は中性脂肪は正常な成人男性の2倍以上
尿酸値もいつ痛風になってもおかしくない数値まで上がってました。
母方の家系が糖尿持ちが多くて、年々糖尿への階段を颯爽と駆け上っていました。
あと薄毛問題も気になるようになってきました。

 

 

……お酒、やめるか?

いや、無理だな。どうしよっかな。

お酒を飲みながら、自問自答する。
心の片隅にはそうゆう気持ちが生まれ始めていました。

CBD(カンナビジオール)との出会い


飲み会の時友人がCBDリキッドを電子タバコで使用していました。
僕は普段アイコスとフルーツフレーバーのたばこを半々で吸ってました。
友人に少し吸わせてもらったところ、特に体に変化などはありませんでした。
でもフルーティーで吸いやすくておいしかったです。

「あれ、これタバコ減らせるかな?」とふと思いました。
どんどんタバコ代も上がる一方で、タバコ代は必要経費だから!と胸を張って言いづらくなってきていました。
それで時間あるときに得意のググりで調べました。

びっくりしました。

はぁ?大麻から抽出される成分?

価格が超高い!

胡散臭いなぁ、大丈夫なの?違法性とかあるんじゃないの?

ファーストインプレッションはそういった感じです。

ただ使用していた友人がそんなものに手を出す奴じゃなくて(大罪を犯した人の知人もよくこう言ってますが)密かに尊敬してる奴だったのと、価格が高いのには理由があるんじゃないかとおもい、さらに調べました。

  • 大手ネットショップでも販売している。
  • 著名人も普通に使用してSNSにあげている。
  • 超有名な政治家夫婦も使用している?(ほんとか?)
  • 医学的にも効果が認められている!

             

CBDってなんだ?
医療でも期待されているCBDの成分や効果、効能の紹介。統合失調症や難病治療にも役立つとされているCBDを詳しく紹介。

結構用心深い性格なのですが、かなり気になっちゃいました。

あとタバコよりお酒の代わりになるのでは?という思いもあり、好奇心を抑えられず「たっけーなぁ」と思いながらネットで購入することにしました。

CBD初購入!


事前に色々調べました。
ふむふむ…

オイル・リキッド・クリスタル……

ざっくりと言うと、CBDの濃度と比例して価格もあがるといった感じですね。
結果、ファーマヘンプのCBD含有率5パーセントオイル を購入しました。

舌下に垂らして摂取して、1時間ほど…

…ちょっとなにかが違う

目は少しトローンとしてきて、気分はまったりした感じでぼ~っとして凄い落ち着きます。
感覚で言うとちょっと微熱があるときみたいな感じで。
もちろんどこも痛いわけでも具合悪いわけでも熱があるわけでもないです。

あと男が欲望から解放された後に一定時間だけ成れる賢者モードとも似ています。
いつもは絶対見ないテレビ番組も普通に見入っていました。

 

 

1時間くらいでリラックスしている状態で自然と眠りにつきました。
眠りの質も全然違いました。すごい深い眠りに付けた感じです。
寝起きも凄い良かったんです。
目覚ましの前に朝日の明るさでふと目が覚めて起きる。
こんな感じです。

あれ、これ良いんじゃね?

始めて使用したときはそういった感じで、それから毎日摂取するようになりました。
毎日摂取することでいろいろなメリットに気付き始めました。

  • リラックスする。
  • マインドがポジティブになります。
  • 5感が冴えるような気がします。
  • 考えが深くなる。勤勉になるというか。


「…なんか矛盾してない?まったりしてて頭が冴えるって」

って思うんですよね。でもそうなんです。

ネットで海外の医師が言っていた言葉で「これだ!」と凄い共感した言葉がありました。

「集中とリラックスという相反することが同時に起きる」


まさにこれです!

救ってくれたCBD


仕事、勉強、趣味 ジャンルを問わずCBDを摂取することによって集中力が上がり効率よく物事を進めることができるとおもいます。

散歩やジョギングもいつもより気持ちいいです。
いろいろな感覚が少し冴えるような気がします。
それは今までが、アルコールによって濁っていただけなのしれませんが。

CBDによってお酒を飲む量も機会もどんどん減っていきました。
週5から週3、週1、そして家では全く飲まない、といった風に。
我慢して飲まないんじゃないんです。ぜんぜん飲みたくならないんです。

半年前に会社のお客さんからビールをもらって、たまには飲みたくなるかな?とおもい自宅に持ち帰って冷蔵庫に入れたのですが、それはいまだに冷蔵庫にあります。

会社の付き合いや友人との飲み会などがあるので、そういったときは今もお酒を飲みます。
お酒の席は楽しいです。
酔った時には人の本音も聞けるし、女の子の付く飲み屋でかわいい子と話すのはたのしいです。

それだけです。

いまは飲みの誘いも結構断ります。僕のアルコールへの依存は完全に0%と断言できます。
ていうか、俺の体をこんなにしやがって~と、ちょっと恨んでます。
自分勝手ですね。

CBDを摂取してから体重も6kgほど減りました。
意識が変化して、なるべく体に良いものを選んで時間をかけて食べるようになりました。
ダイエットは特にしてません。ただ以前より明らかに食事の量が減りました。

以前より少量で満腹と感じるようになったのもCBDにおかげなのかもしれません。
なるべく歩いたり、階段を使ったりとできるだけ身体も動かすようになりました。

便秘も改善されました。
リキッドよりオイルの摂取のほうが便秘には効果があると思います。

CBDを摂取していると、頭が整理されて言動も正確性を増し合理的になり、いろいろな気付きがあります。
デメリットは、…探したけど無いです。強いて言えば価格が高いことぐらいですかね。

無駄な時間を過ごすのがもったいなくなります。
例えばテレビをだらだら見ているのとか、TVゲームをしている時間などです。

掲示板サイトでのつぶやき
実際にCBDを使用している人の声を聴くことでCBDの種類や効果や使用感などがわかると思います。


ネットや掲示板サイトなどでCBDを検索してみてください。
この記事では触れていない重い症状や、深刻な状態の改善に役立っていることがわかるとおもいます。

CBDが生活を激変させる。


CBDの摂取を始めて、3か月くらいは毎日CBDを摂取していました。
絶対無理だとおもっていた、アルコールを断つことも日に日に「できる」と確信に変わっていきました。

どうやったら効率よくCBDを摂取できるのか。色々な方法を試しました。

CBD摂取方法の紹介!
CBDの種類(オイル、リキッド、)によって違う効果的なおすすめ使用方法を紹介。VAPE(ヴェポライザー)のスターターや電子タバコ(加熱式タバコ)の使い方や簡単チュートリアルを紹介!

でも毎日CBDを摂取していると、「どうやったらいっぱいCBDを摂取できるか」
って考えてることももったいなくなりました。

もっと夢中になるべきものがこの世界にはいっぱいあることに気付きました。
「いままでどれだけの時間をお酒によって無駄にしてきたんだぁ」って今はよく思います。

今は愛用のリキッドkoiブルー(1000㎎)を2か月で1本消費するくらいです。
月6000円といったところでしょうか。

以前のお酒代の半分以下です。
CBDの精神への影響は上限があります。

濃度の高いCBDを大量に摂取しても、精神面は一定量に達したあとは変わらないということです。

でも僕はお金に余裕があれば高濃度のCBDを大量に摂取し続けたいです。
そう思うくらい劇的に僕の心にも身体にも変化があったからです。
精神への効果には上限があっても、身体全体はまだまだCBDを受け入れる容量があると思います。

と言いつつ今は週5くらいしか使ってません。
日中は会社で真面目に仕事して、帰ってきたら趣味と実益を兼ねたタスクに没頭して、気付いたらCBDを摂取し忘れて寝ちゃうといった感じです。

アルコールのような強い依存性は今のところ感じたことはありません。
でもCBDは身体に有益なのでなるべく毎日摂取するように努めています。

CBDと出会ってから毎日がとても充実しています。
CBDを摂取するようになって気付いたことがあります。

依存するものなんてなにも要らないということです。